とりとめのないはなし

仕事終わりに、会社の近くにある
イオンのフードコートで水を飲む。

 

9時を過ぎると、ちょっと臭いおじさんとか
おばさんがワラワラ集まってくることに気づいた。1週間ぐらい観察してた。

 

そして今日遂に話しかけて、
仲間にいれてもらえた。
名古屋で友達でけた。

 

臭いおばさんは、もぐらさんという名前で、
占い師らしく。臭いおじさんが、「老体にに鞭打ってる天皇陛下が可哀想。天皇陛下の健康は大丈夫だろうか?」ともぐらさんに天皇陛下の健康を占ってもらっていた。

 

自分の心配ではなく、
天皇陛下を占ってもらうあたり、心広いな。  

 

なんかうちも色々占ってくれたけど、
うちは賢いらしい。
でも、若すぎて魅力に欠けるらしい。

臭いおじさん、長谷川さんと、もぐらさんという2人は高度経済成長の中で生きて来たんだけど、人との付き合い方が難しかったらしい。

もぐらさんは、針と糸を持っているおばさんで、長谷川さんの臭いズボンの裾を直していた。

 

もぐらさんも臭い。

 

いろんな人に怒られても、教えて貰ったと思わなきゃいけないらしい。あと、お金は若いうちから大切にしないといけないらしい。

天皇陛下は老体に鞭打って頑張ってるから、うちらも頑張らなきゃいけないらしい。   

 

お金大切にしてても、
人間、臭くなる時は臭くなるんだな。 

 

田中角栄の話と、パトロンのいる家のない人の話で盛り上がった。 

 

こんど、うちのスカートも、
もぐらさんに直していただこう。

 

2人は、明日は月末だから締め日だね。
忙しいね。って言いながら帰っていった。
締めなきゃいけないことあるんだろうか。