会社の周りをてくてく歩く。う◯こと私。

7月28日の朝。

会社まで私はテクテク歩く。

近所の億ションを通り過ぎる。

 

億ションにピカピカに光るクラウンが来た。

クラウンに座るおばさんは、鼻くそを

ほじほじして、ハンドルにつけた。

 

最近、会った、車のデザイナーさん(イカしたおじさん)を思い出す。

 

高級感を醸し出す、何年も何年も試行錯誤をして作られた、あのハンドルは、使うひとの鼻くそで更にオンリーワンになるのですね。

 

鼻くそは、その人の体から出たものだから、車とその人は「鼻くそ」という架け橋によって、更に一体感を増すのかもしれない。ただの高い車だと、自分と釣り合わない気がしたりしそう。鼻くそが結ぶ「人」と「車」

 

うちも、もし将来高い車を買ったら、

鼻くそをつけようとおもう。

 

更にテクテク歩く。

会社に到着したら、犬とおばさんがいた。

会社に入り、掃除をしようと外に出る。

 

犬とおばさんはいない。

会社の玄関の斜め前にうんちがいた。

うんちには、ヨモギが乗っている。

 

「会社の前にうんちがあるとかウケるw」

「運気が上がるわ。」

 

ってそのまま置いておいた。

 

お昼休みに会社の先輩がうんちを踏んだ。

それをうちは見ていた。

先輩はがんばって、足を道に擦り付けた。

うんちは道に広がり、うんち勢力は拡大した。それを見て、私はうんちを応援した。

 

夕方6時。

うんちを踏んだ先輩は体調不良で早退した。

最近、先輩は働きすぎで、顔色が悪かった。

うんちを踏んだことにより、気分がより下がったのだろう。

先輩はもっと休めばいいと思う。

 

「でかした、うんち君。」

「君は先輩を休ませることに一役買ったぞ」

 

私は内心うんちを褒めた。

そして更にうんちを放置しておいた。

時々窓からうんちを見たり外回りに行く時、

うんちの上のヨモギを数えたりした。

 

あの飼い主は、よもぎを持っていたのだろうか?どこかから摘んできたのだろうか。

 

夜8時。

また違う先輩が、1人でうんちを流していた。手伝おうとしたけど、

 

「もう流れるから大丈夫だよ。先に帰っていいよ。」と言われた。

 

1人で、夜な夜なうんちを流すなんて、

素敵人間すぎる。

 

多分というか、普通というか、絶対、

 

迷惑しかかけていない新入社員であり、

うんちの第一発見者である私

 

が、うんちを流すべきだったんだろう。  

 

うちは、仕事が出来ない+うんちも流さない人間になってしまった。それは大変だ。

 

がしかし、今日1日、うんちを観察できて

楽しかった。

 

うんちを踏んだ先輩が明日

元気に会社に来れればいいな。