アメリカにいた時の日記 その①

f:id:mizuuk:20150503112154j:image

近くの大学にもぐった時に見つけた
diversity and social justic certificateの授業に行ってみた。40人ぐらいの授業やったけど、先生に、どうしても聴講したいって頼んだら入れた。

とりあえず、びっくりした。土曜の特別講義やから9時〜16時まであって、もういろんな人が入り混じってて。
今日の内容は女性差別とポスター、映画、音楽から、どんな風に黒人のイメージは作られてるか。(多分)

今まで大学でも、ジェンダー論とかちょっとだけ勉強したことあったけど、
臨場感?緊張感が全然違った。

先生がちょっと話して、そこで誰かが質問して、議論、議論、議論、議論。
自分の体験談、誰かの話に、
「それこそ、差別。」ってなって、
そっからみんな話す話す話す話す話す

泣く人も、めっちゃ怒る人もいた。

色んな人種。多様性があっていいね!
ってそんな風にはいかないんだって
思った。生々しかった。

4.5時間が強烈すぎた。
ほとんど内容分からんかった。
勉強しよ。が、強烈だった。
1回だけ手あげて、めっちゃうすーい意見言えた。けど聞いてくれた。
嬉しかった。

うちは、そこに座って、ぎょぎょ。
としてただけやのに死ぬほど疲れた。

f:id:mizuuk:20150503112407j:image