読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日、いろんな塗料を積んで、夜の高速道路を走っていた。知らない間に、車を運転できるようになっていて、知らない間に運転しても、肩が凝らないようになってた。

 

知らない間にびくびくしないようになった。
今日、運転しながら、ふっと、窓の外を見たら、いろんな光が目の中に入ってきて、本当に綺麗だと思った。夜景が綺麗だって久しぶりに思った。

 

なんども通った道なのに、すごく、すごく、綺麗だと初めて思った。それが人工的なものでも、人が働いている光でも、光が頑張って、光っているように見えて、すごく綺麗だと思った。泣いた。

 

久しぶりに友達と会って、家に帰って、本を開くと、こんなことが書いてあった。 

 

ーーーーーーー
「いつかある人にこんなことを聞かれたことがあるんだ。 たとえばこんな星空や泣けてくるような夕陽を一人で見ていたとするだろ。 もし愛する人がいたら、その美しさやその時の気持ちをどんなふうに伝えるかって?」

「写真を撮るか、もし絵がうまかったらキャンバスに描いて見せるか、 いややっぱり言葉で伝えたらいいのかな」

「その人はこう言ったんだ。自分が変わってゆくことだって・・・その夕陽を見て、感動して、自分が変わってゆくことだと思うって。」(『『旅をする木文芸春秋
ーーーーーーー

 

すごく、そうだなあ。と思った。
泣けるような美しい夕日も、星空も見たのは、
だいぶと前で、今日綺麗だって泣いたのは、
ビルなんだけど。

 

夏は楽しかった。バタバタしてたら、
素敵な人と場所に出会っていたら、
とってもいい時間を過ごせた。

 

同時に考えたくないことを考えなくて良くて、
寂しいって思うこと、後悔すること、
なんであの時ああしたんだろう、ってこと、
これからどうしよう。
なんで毎日わくわくしないんだろう。
どうやって生きていこう。これでいいの?
っていう不安を遠ざけておいた。

 

でも、それだけじゃ、だめだ。
素敵な場所や人と出会って、
自分がどう変わるのか、どうなるのか。

そこから逃げたらだめだ。


寂しいなら、その中で、考えて、
答えていかないとだめだ。

別にこんなこと書かなくてもいいんだけど、
そうなんだ。自分が変わる秋にしようと思う。

「夏だなあ」って何度も言いました。良い顔と私。

 

f:id:mizuuk:20160910104622j:image

 

8月最後の週末が終わった。沖縄石垣島鳩間島・富士山登山・東京花火大会・戸塚を懐かしみ、戸塚のコンビニでUFOを食べる夜・フィリピン・岐阜県郡上八幡岩手県大槌町吉里吉里・キャンプ

 この2ヶ月は、ひたすら金曜の夜になると、旅に出た。へろへろになったけど、いま会いたい人がいた。特に買い物をした訳じゃないのに、私をどこかに運んだが為に、クレジットカードが使えなくなった。

 コンクリート新築マンションを出て、
夏の自然に入らせてもらった。
良い顔をした人に沢山合わせてもらった。

 富士山で星を見た。頭についたライトと空に浮かぶ星の区別がつかなかった。私の身体を風と雲がすり抜けた。雲よりも高い位置から、人が沢山死ぬ樹海を見た。樹海の緑は濃くて、上から見るともふもふしているように見えた。なんで、トゲトゲは集合すると、もふもふに見えるんだろう。樹海に上から飛び込みたかった。飛び込んだら、死ぬんだけれど。樹海の中にいる人も上からもふもふの樹海を見る時間があればよかったのに。あったのかなあ。

  

f:id:mizuuk:20160909223210j:image

 

沖縄の鳩間島で魚と珊瑚に囲まれた。口にはシュノーケル。魚がすいすいと泳いでいても、私の裸眼では魚は見えない。自分の目で自然を見たい。自分の目だけど、ゴーグルを通さないと見えない。目に水が触れると目が痛い。口に管をつけないと、息ができない。海は美しい。そこにいれて楽しい。でも、そこは私の世界じゃない。いろんな道具を使って、海の世界に「お邪魔させてもらう」それがおかしかった。うちは魚でも、珊瑚でもない。別に自然は私を歓迎していない。強引にいれてもらった海は、好きな友達と一瞬に見た景色は美しかった。

 

フィリピンでジンベイザメと泳いだ。滝を見た。だけど、ここは帰国後の体調不良が強烈だったため、あまり覚えていない。(帰国後、すぐに意識が朦朧とする中で三浦春馬の舞台を見た。三浦春馬の一瞬の上裸しか覚えていない。お肌が白かった。)

 

f:id:mizuuk:20160909223248j:image

 

f:id:mizuuk:20160909224356j:image

 

 郡上八幡に踊りに行った。でもあんまり踊っていない。「水はどこから流れてくるのか」滝を歩いて見に行った。我慢できなくて水に浸かる。水は冷たくて、最近ハマっているプールエアロビの水温とは全然違う。「もっとあったければいいのに」「もっと気持ちよく泳げるのに」「冷たすぎるわ」すぐ文句が頭に浮かぶ。そう思ってから、ふと「ああ、これは私に泳がれる為に流れている川じゃないんだ」と思う。私は人間様だから、人間様の思い通りに全部、全部なるんだ。と思ってることに気づく。普段、そんなものに囲まれて生きていることに気づく。別に川は私がいなくても、そこに在るんだろう。寒くなって、川から上がって、昼寝をする。夜が暗くなる。そして踊る。水が冷たいから、いい頃に川から上がる。寝て体温が上がる。とても良いリズムの中にいるなあと思う。

 

 f:id:mizuuk:20160909223433j:image

 

吉里吉里の夏祭り。往復20時間、滞在時間21時間。江戸時代から続く郷土芸能。夜の神社に芸能団体が集まって、獅子が甚句が、虎が舞う。神様がそこにいる。歴史が私の前に存在していて、自分がどこにいるのか分からなくなる。友達の目が潤んでいて、私の目も潤んでいるから、二重で友達の顔も、目の前の舞も、よく見えない。お祭りの最中、3年前とは風景が変わった町を歩く。途中で休憩すると、90歳と80歳の人がいる。魅力的な味のある顔。

 

f:id:mizuuk:20160909223934j:image

 

「おじいさん」と呼ぶのをためらう元気な2人は、60.70も年下の私と「ガハハ」と笑う。大きくて、古い木が沢山の若葉をつけてるような。うちも元気なしわしわになりたいと思う。

 郡上でも吉里吉里でも、お祭りの話、仕事の話を聞く。どうして、出会う人、出会う人は、自分の生きる地域の話を、仕事の話を、こんなに良い顔をして話するんだろう。なんで、そんな顔をして、そこにいるんだろう。私はこんなに良い顔をして話すこと持ってるんだろうか。といつも思う。だから、ちょっと聞きたくない。でも、いつもすごくすごく聞きたくなる。今まで出会った人たちは良く、「色々あったから」「ここにいるしかなかったり」「やりたいことは他にもあった」とか言う。でも、自分の場所で他の人と関わりながら、良い顔をして、よく生きているように見える。まだ出会ったばかり。そんなこと、うちには言えないんだと思う。でも、顔が良い。ちょっと会っただけでも、顔が良い。顔が良い。顔が良い人にすごくすごく憧れる。

 私は失礼な奴だから、もしかすると、せっかく人が伝えてくれた言葉を忘れてしまうかもしれない。でも、人の良い顔を、その顔が纏う空気感を、忘れない気がする。

 

富士山へ行きました。御来光と私。

f:id:mizuuk:20160909221951j:plain 


初めての登山で富士山登りました。

もう一生行きたくありません。

景色は綺麗ですが、とても疲れます。

 

 

上から見る樹海の緑が美しかったです。

年間100人以上が死んでるらしいです。

 

富士山から見る太陽は、「朝日」ではなく、「御来光」と言います。慣れないサングラスのせいで、違う光を「御来光」と勘違いして見てました。

 

みんなが歓声をあげる中、「しょぼくないか?」と思ってたら、みんなと向いている方向が違いました。

 

本物の「御来光」を見つけた時は、それは上がりきっていて、いつもの「太陽」。あんなに寒い中登ったのに何だったのでしょう。

 

今日も外回りで、車当ててしまいました。

2日前も擦りました。明日はお客さんと朝の4時から会わなければいけません。

 

実家のよぼよぼうさぎを呼び寄せたいです。毛がところどころ抜けてるけれど、ロップさんはふわふわしていて、触ると気持ちが良いのです。

 

でもロップさんは私のことを覚えていないので、名古屋には来たくないと思います。

 

そして今日も85歳のおばあちゃんと一緒にプールでエアロビします。もやもやを水に流したいですが、おばあちゃんの動きにも私はついていけませんので、また煩悩は蓄積されていきます。

 

会社の周りをてくてく歩く。う◯こと私。

7月28日の朝。

会社まで私はテクテク歩く。

近所の億ションを通り過ぎる。

 

億ションにピカピカに光るクラウンが来た。

クラウンに座るおばさんは、鼻くそを

ほじほじして、ハンドルにつけた。

 

最近、会った、車のデザイナーさん(イカしたおじさん)を思い出す。

 

高級感を醸し出す、何年も何年も試行錯誤をして作られた、あのハンドルは、使うひとの鼻くそで更にオンリーワンになるのですね。

 

鼻くそは、その人の体から出たものだから、車とその人は「鼻くそ」という架け橋によって、更に一体感を増すのかもしれない。ただの高い車だと、自分と釣り合わない気がしたりしそう。鼻くそが結ぶ「人」と「車」

 

うちも、もし将来高い車を買ったら、

鼻くそをつけようとおもう。

 

更にテクテク歩く。

会社に到着したら、犬とおばさんがいた。

会社に入り、掃除をしようと外に出る。

 

犬とおばさんはいない。

会社の玄関の斜め前にうんちがいた。

うんちには、ヨモギが乗っている。

 

「会社の前にうんちがあるとかウケるw」

「運気が上がるわ。」

 

ってそのまま置いておいた。

 

お昼休みに会社の先輩がうんちを踏んだ。

それをうちは見ていた。

先輩はがんばって、足を道に擦り付けた。

うんちは道に広がり、うんち勢力は拡大した。それを見て、私はうんちを応援した。

 

夕方6時。

うんちを踏んだ先輩は体調不良で早退した。

最近、先輩は働きすぎで、顔色が悪かった。

うんちを踏んだことにより、気分がより下がったのだろう。

先輩はもっと休めばいいと思う。

 

「でかした、うんち君。」

「君は先輩を休ませることに一役買ったぞ」

 

私は内心うんちを褒めた。

そして更にうんちを放置しておいた。

時々窓からうんちを見たり外回りに行く時、

うんちの上のヨモギを数えたりした。

 

あの飼い主は、よもぎを持っていたのだろうか?どこかから摘んできたのだろうか。

 

夜8時。

また違う先輩が、1人でうんちを流していた。手伝おうとしたけど、

 

「もう流れるから大丈夫だよ。先に帰っていいよ。」と言われた。

 

1人で、夜な夜なうんちを流すなんて、

素敵人間すぎる。

 

多分というか、普通というか、絶対、

 

迷惑しかかけていない新入社員であり、

うんちの第一発見者である私

 

が、うんちを流すべきだったんだろう。  

 

うちは、仕事が出来ない+うんちも流さない人間になってしまった。それは大変だ。

 

がしかし、今日1日、うんちを観察できて

楽しかった。

 

うんちを踏んだ先輩が明日

元気に会社に来れればいいな。

 

ありがとうを他の人に伝えること 岩手県大槌町での出会いから

3日間、岩手県大槌町吉里吉里地区に行ってきました。大学1〜3年の頃は震災支援ボランティアで毎月通った場所。2年半ぶりでした。

盛り土が始まり、新しい道、復興住宅が出来ました。町の様子は変わりました。

私が吉里吉里行くと毎回、ごはんを作ってくれて、電話、お手紙のやり取りを続けているおばあちゃんがいます。2年半ぶりに出会っても、相変わらずにキレッキレの頭で沢山話してくれました。

このおばあちゃんとの出会いは、2011年7月。 昨日のことのように思い出します。自分で参加したくて参加したボランティアなのに、疲れて、目の前の現実が精神的にもつらかった。大学生ボランティアとして、にこにこするのも、だんだん疲れてきた。でも、被災された人を、ガレキを目の前にそんなこと言えなかった。もう次からは来るのは難しいな。って弱気になった。そんな疲れて汗ダラダラの私を前に、「お茶っこさ、飲んでけ!」って言ってくれた時、「いや、でも仮設住宅とか、私なんかがのこのこ入っちゃだめなところ」って躊躇した。でも、おばあちゃんには、私のことは、たぶん、ボランティア云々の前に、「孫ぐらいの学生」としか映ってなかったと思う。

半強制的に私を仮設住宅に入れて、冷やしたおしぼりや、お漬物を出してくれた。震災の話、避難所生活、吉里吉里の豊かな森と海の恵み、美味しい食べ物の話。初めて来た吉里吉里は「被災地」のイメージしかなかった。そこにおばあちゃんとの話で、私が知らなかった吉里吉里に、沢山の色がついた。

初対面の私は困惑した。
「なんで親切にしてくれるんですか?」
って聞いた時に返ってきたのは、
「私には関東に孫がいっから」

自分の孫が自分の知らない土地で誰かに世話をされたり、迷惑をかけたりしている。その人に直接、「ありがとう」は言えないから、自分が出会った人に、「ありがとう」の心で接する。人はどこかで繋がるかもしれないから。

この言葉を聞いて思ったのは、「人に優しくしろ」だけではない。「人に迷惑をかけることもある。でも、その分、誰かに親切にしろ」ってこと。これなら、自分自身も出来ると思った。私はすごく抜けていて、頑固なこともあって、迷惑をかけることも沢山ある。でも、だからこそ、目の前にいる人には誠実でありたいな、っ気持ちを淳子さんの写真を見るたびに、定期的に今でも思い出すようにしてる。(前の彼氏に振られた反省も踏まえて)今目の前にいる人に正直でありたいなあ、って。「ありがとう」「ごめんなさい」は、もしかすると本人には伝えられないかもしれない。なら、今目の前にいる人に、私の身の丈で、出来ること、すべきことをしたい。おばあちゃんに会ってからは、いらいらすることもちょっと我慢出来るようになったし、人に親切にしたい、って思えるようになった。

でも、私とおばあちゃんの「ありがとう」返しには大きな違いがある。おばあちゃんは、自分の娘や孫、大切な人が受けた「ありがとう」を想像して、大切な人のために、目の前の人に「ありがとう」を返す。私には、そんなに大切に思える人はまだいない。いつかそんな風に思える人が沢山出来たらいいなあ。って今は思う。

前は毎月のように会っていたのに、2年ぶりに再会した今日。机の上には、お酒につけた柿、干してあぶったイカ、きゅうりの浅漬け、魚のつみれ汁。1つ1つの食べ物に誰かが育てて、淳子さんが手を加えたストーリーがあって、それを聞いて、お互いの近況報告をしたら、あっという間に3時間が経つ。淳子さんの手料理を通して知った吉里吉里の歴史や文化が沢山ある。料理は、めっちゃくちゃな高級料理ではない。でも、とっても美味しい。こんな美味しいものを私も将来作りたい。自分の身の丈で、いまあるものに工夫をした方法で、美味しいものを作りたい。あんなに沢山のお話しが出来るおばあちゃんになりたい。

最後、別れる時に、一言、

「あんたのいいとこは素直なところだから。大丈夫だから春からも頑張りなさい」

すっごく嬉しかった。
淳子さんに学んだことは忘れないし、うちにもいいとこがあるって言ってくれた。
春から、というか、今からがんばろう。

f:id:mizuuk:20151114021441j:image


夏休みはじまりました~!

f:id:mizuuk:20150814075408j:image

就活しながらバイトの日々です。

時々働かせてもらっているバイト先は
上野・アメ横にある魚屋さんです。
〈らっしゃい!らっしゃーい!〉って大声出してるので、近くに来られた際はぜひ!

f:id:mizuuk:20150814075627j:image

1000円で牡蠣と雲丹のセットとか、
500円で東北の厳選日本酒飲めたりとか
わいわい楽しい立ち飲み屋さんです(*☻-
塩から100円とか白子ポン酢300円とか!
味は店長選りすぐりの本格派(^O^)
アルバイトのみんなも元気いっぱい!

f:id:mizuuk:20150814075612j:image

こないだは、シェアハウスの住人たちが
あそびにきてくれた!


夏休み、朝早く起きたいのに、
だらだらしてしまう〜。シャキッとせなあかん!



おいしいもの 大宮・ラーメン凪 豚王


友達に会いにはるばる大宮へ。
お腹すいたねー。とラーメン行くことに(*☻

JR大宮駅から歩いて5分!
ラーメン凪 豚王 大宮店!

f:id:mizuuk:20150627123132j:image

見た目、美味しくなさそう。

f:id:mizuuk:20150627123149j:image

更に24時間とか更に微妙そう。
ラーメン屋さんは2時に閉まるべき。

が、しかし、インスタ検索すると、

f:id:mizuuk:20150627123410p:image   f:id:mizuuk:20150627123348p:image

美味しそうー!
本店は渋谷で海外にも沢山店舗があります。

5時半?ぐらいに着いたけど、、、
もう3組ぐらい並んでました(*_*)

白(豚骨)赤(辛いやつ)黒(イカスミ)
から私は迷わず黒を注文!イカスミ大好き!

どーん

f:id:mizuuk:20150628102833j:image

真っ黒ー!味は豚骨!の中に磯の香り!
真ん中の真っ黒クロスケを潰すと、
どびゃ〜〜と魅力的な小真っ黒クロスケ
がウヨウヨウヨウヨ出てくる〜!!!!
ガーリクチップ君たちもウヨウヨ浮いてる!
真っ黒クロスケ+ガーリクチップ+濃厚とんこつスープ+ふわっと磯の香りで、幸せ〜。
うちの歯もお歯黒状態で古き良き大和撫子〜!

創業者が一蘭で修行してたそうで、細麺はほぼほぼ一蘭と一緒。でも一蘭より、次から次にくる食感、スープを混ぜるごとに、真っ黒クロスケ達が味を変えてくれるので、楽しんで食べられます(^O^)

ベースは豚骨!!!

最近、イカスミが大好きすぎて、イカスミスパゲッティ・イカスミリゾットを家で作って、真っ黒の晩餐会を1人でやってたら、お家の人がびっくりしてたよ〜。

最近のう◯こも真っ黒クロスケだよー!
小さくないよー!でかいよー!

おわり。