京都のお家に帰りました。

半年ぶりに京都のお家に帰りました。

私の実家は今も前も、多分これからも

京都なのだけれど、帰りたいお家は実家以外にも

沢山あります。これは密かな自慢です。

(あちらがそう思っているかは分かりません)

 

私は友達が沢山いると思っているけれど、

困ったら助けてくれるだろうと思える人が

沢山いるけれど、あちらは私を覚えてない気もします。

(しかしそういうことは深く考えません)

 

それは置いといて...

いつも実家にはお土産を買います。

でも実家に着くまで食べることを我慢できません。

ちょっと食べてしまって、食べかけを渡すので

お母さんやおばあちゃんに小言を言われます。

 

私はもう20代半ばの大人だから

今回はバレないように化粧箱のシールを

神経を使いながら、そおっと剥がしました。

綺麗に剥がれたので1つケーキを食べました。

f:id:mizuuk:20181001181234j:image

5個入りだったケーキは4個になりました。

生田家は弟が家を出て、5人から4人になりました。

だから4個の方が自然だったような気がします。

4は不吉な数字と言われるけれど気にしません。

綺麗にシールを剥がしたので

家族は気がつきませんでした。

 

久しぶりのお家では

京都は台風が来ていたので、寝てました。

実家の私の部屋ではうさぎを13年ぐらい

飼っていて、昨年死んでしまったのですが、

まだ部屋はうさぎの香りがする気がしました。

 

お母さんにそれを伝えると、

「うちん家は木で出来てるからな、

木に染み込んでんねん。それにな、あんたは

世話しいひんかったやろ。やからな、

ろっぷちゃん(うさぎ)はこのやろう。って

思って頑張って匂いのエキスを出したはんねん」

と言っていました。なるほどなあと思いました。

ですので、私は少し臭い気がする部屋で眠りました。

 

夜はおばあちゃんと話しました。

「あきちゃん(弟)が最近家を出た時、

ほんまに、寂しくて寂しくて寂しかってん。

でもあんたが家出たのは15歳の時やろ。

あの時は全然寂しくなかったわ。なんでやろ」

と冗談まじりではなく普通に考えていました。

 

でもおばあちゃんの部屋には私が3歳の頃の

写真が貼ってあり、よく眺めているそうです。

f:id:mizuuk:20181001182318j:image

100均で買ったタコをあげると言ってくれたので

私のことがきらいではないようです。

(たこはいらないので、いらないと言いました)

f:id:mizuuk:20181001182459j:image

夕方には鹿が沢山いるところに住んでいる

ヨッピーノさんがウニを送ってくれました。

すごく美味しかったです。

美味しい食べ物を育む自然と、作れる人、

おすわけの輪の中にいるヨッピーノさんは

すごいなあとよく思います。

f:id:mizuuk:20181001183009j:image

お父さん、お母さん、おばあちゃん、

今は亡きうさぎの香りと対話が出来た休日は

素晴らしく、お家に帰って良かったです。

 

明日からまた東京→千葉→群馬→群馬→仙台

と出張ばかりでお家にはあまりいませんが、

またお仕事をがんばろうと思います。

 

移動をすること。

台風がどんどんと近づいてるなあ。と、

6ヶ月ぶりの京都のお家で静かにしています。

 

半年間岩手にいましたが、先々週に東京に

お引越しをして今は東京にお家があります。

岩手での日々のこと、また書きます。

(これからも月に1度は岩手にいきます)

 

一昨日までは出張で盛岡へ。

この秋は大槌→東京→盛岡→東京

京都→群馬→仙台→東京→茨城→釜石→東京

秋の締めは香港と移動のパレード🎈

出張がたくさんの仕事に憧れていましたが

移動が続くと「あれ」と自分の場所を不思議に

思うことがあります。

 

新幹線や飛行機みたいな人のスピードと

かけ離れたものはとっても便利だけれど

身体だけ東京に運ばれて、

気持ちはまだ東北にある気がしたりします。

身体に気持ちが到着するまで時間がかかる

不思議な気持ちになることがあります。

 

学生の頃の青春18切符の旅や、歩く旅は

道中に色んな景色や人と出会うからか、

「着いた、やっと」って気持ちになりました。

その気持ちを懐かしく思います。

 

お仕事なので、今はそんなこといえませんが

そんな旅がまたしたいし、そんな風に一緒に

時間を楽しめる人と時間を過ごしたいなあ。と

 

でも、でも、

出張が多いと食べものを楽しめて良いです。

あと身体には悪いかもしれないけれど、

感じる気温や風が毎回違って、

大げさだけれど土地の広さや幅を感じます。

 

f:id:mizuuk:20180929172431j:image

f:id:mizuuk:20180929172619j:imagef:id:mizuuk:20180929172627j:imagef:id:mizuuk:20180929172722j:image

 

冷麺と冷麺とプルコギ丼と松茸のお出汁。

他にもたくさん食べました。

今度からちゃんと写真撮ろう...

 

 

 

夕張ゼリーのゆくえ

大学の先生が北海道に行ったついでに、大槌を訪ねてくれた。お土産に高くて、美味しそうな、濃い橙色の夕張メロンゼリーをくれた。


普段だったら、今までの私だったら、夕方のおやつ、ご飯の後、お風呂上がり、次の日のご飯の後、お風呂上がり。と、いろんな場面で1人で、独り占めをして、いくつかあった橙色のゼリーを食べただろう。


1つ食べた時に、そのゼリーの美味しさにすごく驚いた。その時に「このゼリー何回か食べれる!」でなくて「ゼリー食べてほしいな」と思った。


だから、先週電話をしていて、「食欲があんまりない」と言っていた、おばあちゃんの家に持っていくことにした。今日は仕事中も、おばあちゃん喜ぶかな。と色々考えた。


そのおばあちゃんとは、もう7年ぐらいのお付き合いで、ご飯を作ってくれたり、お風呂を貸してくれたりする。学生の頃は就活や休学中など、大槌に行けないときも、電話をしたり、手紙を書いた。よく喋る人で、うちも話すのは好きだけど、本当によく喋る人なので、いつも私が聞き役になる。時々、私を褒めてくれる。


「食欲ないって言ってたから、これ、すごく美味しかったから、食べるかなあと思って」とゼリーを持っていくと、生田さんが動物から人間に進化した!みたいに「ばー!」と、びっくりしてくれた。


で、また最近の土砂災害の話から、親戚の近況、最近食べたもの、体が痛いこと、生田さんに良い人がいるか、生田さんはちゃんと働いているか、生田さんは人に迷惑をかけてないか、など、おしゃべりをした。


ゼリーは持っていったけど、食べなかった。

だから、また食べてね。って置いてきた。

口は元気だったけど食欲ないの大丈夫かな。


帰りに、お湯でふやかして食べる「湯団子」と、「夏タコとキュウリの和え物」を持ってけ!ともらった。私は知っている。これは美味しいやつだ。


この「湯団子」は特にとても美味しいので、

2つあったうちの1つを、マンションの人にあげた。びっくりしてたけど、食べてくれるかな...


そういえば、日頃から「分けてもらう」生活の中にいたら、知らない間に、私も美味しいものを、いただいたら、自分もちょっと食べて、誰かにあげたくなるようになったことに気がついた。


もしかしたら、あのすごく美味しいゼリーも、

おばあちゃんは誰かに、あげちゃうかもしれない。私はおばあちゃんにゼリーを食べてほしくて持っていったけれど、でも、それでまたどこかで関係性が紡がれるなら、それでも良いか。とも思う。


今までだったら、美味しいゼリーは、自分だけで食べた。でも今は食べてもらいたい人がいて、それは幸せなことだと思う。いろんな人が私に食べ物だったり、他のものをくれる。それも幸せなことだと思う。


おばあちゃんの家から出て、近所のスーパーに行ったら、おばあちゃんの親戚にばったりあった。「生田さんのこと聞いてるよ。うちのばあちゃんのこと、いつもありがとう」と言われた。

 

すごく、すごく、私は何もしてないけれど、

今ここに存在出来ていて、幸せだなあと思った。

 

夕張ゼリーをくれた、先生ありがとう!

美味しくいただきました。

 

f:id:mizuuk:20180711230327j:imagef:id:mizuuk:20180711230338j:image