夕張ゼリーのゆくえ

大学の先生が北海道に行ったついでに、大槌を訪ねてくれた。お土産に高くて、美味しそうな、濃い橙色の夕張メロンゼリーをくれた。


普段だったら、今までの私だったら、夕方のおやつ、ご飯の後、お風呂上がり、次の日のご飯の後、お風呂上がり。と、いろんな場面で1人で、独り占めをして、いくつかあった橙色のゼリーを食べただろう。


1つ食べた時に、そのゼリーの美味しさにすごく驚いた。その時に「このゼリー何回か食べれる!」でなくて「ゼリー食べてほしいな」と思った。


だから、先週電話をしていて、「食欲があんまりない」と言っていた、おばあちゃんの家に持っていくことにした。今日は仕事中も、おばあちゃん喜ぶかな。と色々考えた。


そのおばあちゃんとは、もう7年ぐらいのお付き合いで、ご飯を作ってくれたり、お風呂を貸してくれたりする。学生の頃は就活や休学中など、大槌に行けないときも、電話をしたり、手紙を書いた。よく喋る人で、うちも話すのは好きだけど、本当によく喋る人なので、いつも私が聞き役になる。時々、私を褒めてくれる。


「食欲ないって言ってたから、これ、すごく美味しかったから、食べるかなあと思って」とゼリーを持っていくと、生田さんが動物から人間に進化した!みたいに「ばー!」と、びっくりしてくれた。


で、また最近の土砂災害の話から、親戚の近況、最近食べたもの、体が痛いこと、生田さんに良い人がいるか、生田さんはちゃんと働いているか、生田さんは人に迷惑をかけてないか、など、おしゃべりをした。


ゼリーは持っていったけど、食べなかった。

だから、また食べてね。って置いてきた。

口は元気だったけど食欲ないの大丈夫かな。


帰りに、お湯でふやかして食べる「湯団子」と、「夏タコとキュウリの和え物」を持ってけ!ともらった。私は知っている。これは美味しいやつだ。


この「湯団子」は特にとても美味しいので、

2つあったうちの1つを、マンションの人にあげた。びっくりしてたけど、食べてくれるかな...


そういえば、日頃から「分けてもらう」生活の中にいたら、知らない間に、私も美味しいものを、いただいたら、自分もちょっと食べて、誰かにあげたくなるようになったことに気がついた。


もしかしたら、あのすごく美味しいゼリーも、

おばあちゃんは誰かに、あげちゃうかもしれない。私はおばあちゃんにゼリーを食べてほしくて持っていったけれど、でも、それでまたどこかで関係性が紡がれるなら、それでも良いか。とも思う。


今までだったら、美味しいゼリーは、自分だけで食べた。でも今は食べてもらいたい人がいて、それは幸せなことだと思う。いろんな人が私に食べ物だったり、他のものをくれる。それも幸せなことだと思う。


おばあちゃんの家から出て、近所のスーパーに行ったら、おばあちゃんの親戚にばったりあった。「生田さんのこと聞いてるよ。うちのばあちゃんのこと、いつもありがとう」と言われた。

 

すごく、すごく、私は何もしてないけれど、

今ここに存在出来ていて、幸せだなあと思った。

 

夕張ゼリーをくれた、先生ありがとう!

美味しくいただきました。

 

f:id:mizuuk:20180711230327j:imagef:id:mizuuk:20180711230338j:image

 

大槌町の好きな場所 蓬莱島

 🐟働いているお魚屋さんのブログ更新🐟

http://blog.shop-onoya.com/?eid=1104873&utm_source=dlvr.it&utm_medium=facebook

↑時間があれば読んでくだされ🐟

 

f:id:mizuuk:20180704224201j:image


f:id:mizuuk:20180704224207j:image


f:id:mizuuk:20180704224152j:image


f:id:mizuuk:20180704224157j:image

岩手の秘境〜タイマグラとの出会い〜

会社のブログを更新しました。

 

http://blog.shop-onoya.com/?eid=1104848&utm_source=dlvr.it&utm_medium=facebook

 

f:id:mizuuk:20180608214316j:image
f:id:mizuuk:20180608214221j:image
f:id:mizuuk:20180608214216j:image
f:id:mizuuk:20180608214212j:image
f:id:mizuuk:20180608214226j:image
f:id:mizuuk:20180608214207j:image

会社のブログ〜山菜の話〜

水産加工の会社のブログをちょくちょく

書かせてもらえることになりました☺︎

 

https://m.facebook.com/SanrikuOnoya/

http://www.shop-onoya.com/sp/

f:id:mizuuk:20180516223556p:image

f:id:mizuuk:20180516223717j:image

 

26歳になりました。「美味しいこと」と「良い人たち」

なんと26歳になりました。

f:id:mizuuk:20180422012545j:image

20代後半のお誕生日なんて、想像していたのは、
すごく大人で、私はもっと美人になっていて、
いつも食欲はそんなになくて、ヒール履いて、
夜景の見えるレストランで、可愛い服を着て、
お花もらったりするのかな。と思っていたけれど、

なんと今は、岩手の三陸大槌町にいて、
毎日もふもふの服を着て美味しく太っている。
幼い日に思い描いた26歳とはちがうけど、
楽しく人生迷っているけど元気です。
でも、自分で来たくて、大槌に来れたから良し。
大槌は良いところだと思います。

お誕生日は、あんな不義理をしたのに、
前の会社の人が沢山連絡くれて、
仲がよいお友達も連絡くれて、
泣きそうになった。ありがとうございます。

私は26歳になっても、気持ちは子どもで、
誰かに直接おめでとうと言ってほしかったけど
でも実は小心者でなかなか人に言えなくて、
ふつうに仕事が終わり、退社した。

f:id:mizuuk:20180422020806j:image

寂しいなあ。と運転をしていたその時、閃いた!
「あ!昨日行った、不思議なマッサージ屋さんが、
頼みたいことあるから、おいで。と言っていたな!
よし、行こう。(寂しいし)」

と家から15分ぐらいのマッサージ屋さんを目指すことに。マッサージ屋さんは大槌に来て30年のニコンさんがやっていて、お隣は旦那さんがの駄菓子屋さん。
見た目はゴテゴテしていて、入るのに勇気がいる。
昨日行って、連絡先を交換したら、その日の夜に「仕事ないんだったら、働いてけろ」と電話をくれたお店。
仕事ないって言ってないけど、そう見えたのかな...
マッサージは破格だし、気持ち良いよいところ。

寂しいから、のこのこマッサージ屋さんに行くと、
隣の駄菓子屋さんに初対面の旦那さんがいて、
コーヒー飲もって言われ、1時間ぐらい身の上話を聞いて、聞いて、聞きまくる。お菓子やコーヒーを頂く。
(小学生は駄菓子3個までタダ。私も金を受け取ってもらえず、本日26歳の私にも赤字ルールが適応された。)

ニコンさんのマッサージ部屋に連れていかれる。
お客さんをマッサージしているニコンさんの隣に座って良いと言われ、まさかのここでくつろいで。と言われる。何故かお客さんも別に問題ないらしい。

お客さんは目を閉じていて、ニコンさんは、
お客さんをマッサージしながら、NHKを見て、
野良犬の殺処分についてどう思うか私に、聞いてくる。
昨日私がマッサージしてもらった時も、
BGMはリラックス音楽ではなく、NHKで、
いきなりマッサージの手が止まったから、
あれ?と思うと天気予報に見入るニコンさんがいた。

お客さんが良くても、あまり良くない気がして、
マッサージ部屋を出て、帰ろうとしたら、
また「頼みたいことある」と、呼んでもらえて
駄菓子屋さんで旦那さんとまた話す。

旦那さんの幸男さんは、15年ぐらい東京の建設会社で
働いていて、だから今も結構な歳ではあるけれど、
防波堤の工事や、家の基礎打ちをしたりする。
震災で家も流されたけれど、重機を使い、ボランティアもした。山から汲み上げていた水を解放した。
顔が黒くて、身軽にちゃきちゃき動いて、
話している途中で、いろんな顔をする。
そして豪快に笑う。

「あんたの話もしろ」といきなり言われ、私がなんで大槌に来たか。私も沢山話をする。

マッサージを終えたニコンさんが合流し、
また長い立ち話が始まる。途中で私だけ座る。
なんで、みんなこう、足腰が丈夫なのだろう。
うちはこっちに来てから、毎日脚が痛いから、
体の丈夫さについて毎日考えている。

ニコンさんは、タイ出身で食べることが大好きだった。
テレビで見た日本の食べ物に釘付けになり、
家族の反対を押し切り、日本に来た。
日本のお弁当屋さんで働いた。
結婚して、幸男さんの実家に来た。

私も食べることが大好きだから、
ニコンさんと意気投合し、食ネタで盛り上がる。
そして、遂に言った、ずうずうしくも、
「わたし、今日誕生日なんです」と。

「あらー!お祝いしなきゃ!」となり、
2人のお家にお邪魔することになった。
お家には、マンゴー、白菜、でっかい牡蠣、
みかん、畑から採ったばかりのネギと芋があり
10分ぐらいで、鍋と巨大牡蠣フライを作ってもらう。
みんなでまた沢山、話しながら食べる。
ごはんを食べていると、近所の人が来たりする。
2回しか会ったことない私が部屋にいるのも変だけど、
ご近所さんも、空いてる椅子に座ってお話をしている。

ごはんを食べた後、私にも何か出来ることないかな。
手伝ってほしいことって何ですかと尋ねると、
本当はネットショッピングをしたいのと、
ネットの駄菓子屋さん、マッサージ屋さんの
住所変更をしたいとの話を聞く。

ネットでお買い物をして、googleマピオンの住所変更の問い合わせをして、住所変更の手続きをする。
ついでにFacebookページも作った。
こんだけなのにすごく喜んでもらえた。
人のお役に立てて、すごく嬉しかった。
私は本当に数字とパソコンが苦手で、
本当にありえないぐらい使えないんだけど、
これだと、生きていけないし、パソコン出来たら
もっと誰かのお役に立てそうだから、
26歳はパソコンと数字を勉強しようと思う。

ニコンさんがこっちに来た当時の話になる。
言葉があまりわからなくても、ワカメの手伝いや、
農作業で沢山のお父さん、お母さんが出来たと。
大槌には、美味しいものと、良い人が沢山いると。

ニコンさんがパパッと作ってくれたごはんは、
本当に本当に美味しかった。
美味しいごはんを食べながら2人の話を聞いて、
文字にすると恥ずかしいけど泣きたい程、幸せだった。

私が大好きな本の中に、
「食べることは自然を一番身近に感じること」
という文章があった。

鍋に入っていた牡蠣はご近所の山田湾、
ネギはニコンさんがマッサージの合間に育てたもの。
三陸の海と、色々と手入れをした畑を思うと、
味はもちろん美味しいんだけれど、
もっと美味しく思うのは気のせいじゃないと思う。

それに、こっちの人は、よく食べ物を交換したり、
沢山採れたものや何かお手伝いをすると
「持ってかえり」とくれたりする。
誰かが突然家に来たら、その人の今日のため!」
っていうよりもパパッと美味しいものを作ったりする。

だから、お世話になりっぱなしは良くないけれど、
うちの頭には、「大槌で出会った人」と「その人が作っているもの、や、その人が食べさせてくれたごはん」が頭に一緒に記憶されている気がする。

ごはんを食べながら、ニコンさんは、何度も
「ここには美味しいものがある」という。
それを聞きながら、それってすごいことだ。と思う。

美味しいものがあるってことは、
美味しいものを育む自然があって、
その自然に向き合いながら、
美味しいものを作る人がいるってこと。

でもそれだけじゃなくて、その美味しいものを人間たちが、おすそ分けして、みんなで分ける気持ちがあって、
なおかつ、美味しく食べる工夫を知っているってこと。
その美味しく食べる技は、美味しいものと一緒に、
人によって、また人へ渡される。

どんだけ素晴らしい自然があっても、
そんな人がいないと、「ここには美味しいものがある」
って、なかなか言えないと思う。

美味しい食べ物」と「良い人との繋がり」は
くっついているんだろうとぼんやり頭の中で考えた。

転職してから、
「なんでわざわざ京都からこんな田舎さ来た?」
「何もないでしょう?もったいない」
と1日に1回は誰かから言われる。
今まで住んだ、京都、岐阜、神奈川、名古屋。
全部素晴らしいところで、良い人に恵まれたけれど、

こんなに「食べ物の美味しさ」と「人」

そのどちらもが、同時にどしん。と心に落ちるところはなかった気がする。

私は、食べることが好きだし、人間も多分好き。
だから、願わくば、
「ここには、美味しいものがたくさんある」
って言い切れるような場所で、言い切れるような
人間関係の中で生きていきたいなあ。

そんな自分の場所を人生の中でつくれたら
良いなあと26歳の初日に思いました。

沢山の人に「え!名古屋の次は岩手?大丈夫?」と、
心配されてるけれど、良いところだと思います。
運良く、皆さんに良くしてもらえて、すごく幸せです。

本当に素敵な素敵な1日でした。

お話してる中で、
「あんたはいい子。素直。目を見たら分かる。
綺麗な目の色をしてる。人間目を見たら分かる」
と、何回も言ってくれたんだけど、
私、今普通のコンタクトを切らしていて、
昔使っていたカラコンなんです。
ナチュラルだけど目の色は微妙に違うんです。

次会う時、目の色違うってなったら、
どうしようと少し心配。

f:id:mizuuk:20180422011653j:imagef:id:mizuuk:20180422012609j:image

f:id:mizuuk:20180422011719j:imagef:id:mizuuk:20180422011736j:imagef:id:mizuuk:20180422012415j:image

 

生田家のうさぎの訃報について

 

生田家のうさぎの訃報について

最近、すごく毛がついている動物が
お家にいてくれたら良いなあ...と思っていて、
久しぶりに夜更かしをした昨日、
カメラロールを見ていたらロップちゃん登場!
懐かしいなあと思って見ていたら眠くなった。

f:id:mizuuk:20180413231553j:image

そう、生田家には、13年か14年のあいだ、
長々と君臨したうさぎがおりました。
その名もろっぷちゃん(オス)は、
2017年10月か11月にお亡くなりになりました。

よくツイッターに、ブサイクうさぎとして、
載せていたので、「ろっぷちゃんげんき?」
って聞いてもらったこともあったけど、
結構前、5ヶ月前に死んじゃいました。

ろっぷちゃんは、私が小学生の頃に
ちんちらが欲しかったんだけど、
ちんちらはエアコン代がかかるといった、
諸事情で買えなくて、予算内で買ったうさぎ。
お家に来た時は、小さくて、色が薄くて、
可愛くて、可愛くて、本当に可愛いかった。

しかし、どんどん、食べるようになり、
何故か色はどんどん濃くなり、
どたどた動き1日中後尾をしようとしていた。

ある日、寝ていると、頭をろっぷちゃんに
前足で掴まれていて、顔に出されていたり、
高校の時の彼氏にあげる予定の白いクマと
後尾をしたりしていた(そのままあげた)

お正月のおせち料理の「くわい」は
ろっぷちゃんの大事な場所に似ているので、
生田家では毎年、飽きもせず、お正月に
「これ、ろっぷちゃんのあれやな」と、
おせちの「くわい」を見ながら食べていた。

時々ブーブーないて、ドタバタと歩いていた。
そしてご飯をたくさん食べていた。ろっぷちゃんが後尾をする気がない時は、
一緒に写真を撮ったり、寝たり、
テレビを見たり、だっこしたりした。
ちなみに、お母さんが名前を呼べば、
ろっぷちゃんは走ってきたり割と可愛かった。

そしてどんどん大きくなった。
道で華奢なふわふわのチワワを見ると、
「うちのろっぷちゃんの方が強いな」
と、変に勝ったような気分になった。

そんなろっぷちゃんが、日に日に弱くなり、
うちは毎日仕事で、その頃、担当していた
工事が炎上し2ヶ月間ぐらい休みがなかった。

しかし、遂にろっぷちゃんが危篤になり、
京都に日帰りで帰ったけど、
良くある、「飼い主の帰りを待って死ぬ」
またいなことはなく、ろっぷちゃんは
うちが京都に帰る道中に亡くなった。

亡くなる直前、閉じていた目を開いて、
お母さんを見ながら、垂れ耳を挙げたそう。

私が帰った時には、ろっぷちゃんは、
座布団に寝かされていて、ハンカチが
掛けられていて、その周りに、ろっぷちゃんが
好きだったドライフルーツが供えられていた。

ドライフルーツは私も好きだから、
食べたら、ドライフルーツを買ってきた弟に、
軽蔑の目で見られたため、後悔した。

その後、火葬場に行ったら、
火葬場の人に「悲しいでしょう」
「あまり悲しまないでください」
「天国のうさぎ🐇さんが悲しむから、
いつもあなたを見ていますよ。近くにいるよ」
と言われたんだけど、うちの家族は帰り道に
宇治でソフトクリーム食べよ。とか言っていて
なんとなくその場にマッチしていなかった。

最後にろっぷちゃんは骨になったけれど、
骨は脆くて、小さくて、繊細で、
あんなにふてぶてしくても、ぶよってても、
こんな骨だったのかと思うと、申し訳なく、
なんかもっと、「そうっと」
抱っこすればよかったなあと後悔した。

他のうさぎ達の写真と名前、年齢がずらっと
並んでいたけど、大概が10歳未満で、
「みみちゃん 6歳」「ゆきちゃん 8歳」
の中、「ろっぷちゃん 13歳」はなかなかだ。

年齢が全てじゃないけれど、
長生きしてくれてありがとう。

あと、うちは15歳で家を出てしまったけれど、
それから約9年間、ろっぷちゃんを大事に
育ててくれた、お母さん、皆さんありがとう。

ろっぷちゃん、ブサイク言って、ごめんね。
でも1人になった時、都合よく、
私は、ろっぷちゃんを思い出して、
楽しい気分になったりしているよ。

私はうんと長生きする予定ですので、
ろっぷちゃんには、まだまだ会えないけど、
天国で良い女性うさぎと出会って、
家族が沢山出来ているとよいなあと思います。

 

f:id:mizuuk:20180413231709j:image

f:id:mizuuk:20180413231740j:image

f:id:mizuuk:20180413231907j:image