読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生きるのが嬉しい「再会」

友達との、再会の旅の帰り道、
ここにも再会がひとつ。

 大学の頃、品川駅前で会っていた、ビッグイシューの「赤いおじさん」と2年ぶりに会えた!ということ。

  ーーービッグイシューーー

ビッグイシューとは、1991年にロンドンで創刊された雑誌で、路上生活してる人や、元路上生活だったり、なにかしら困難な状況を抱えてる人が、自立の一環として雑誌を売っている。350円のうち、180円が販売者の収入になる。350円だけれど、内容は社会問題の他に、ハリウッド女優のインタビューとかもあってなかなか面白い。

 

f:id:mizuuk:20170307155258j:image

 

f:id:mizuuk:20170307155211j:image

BIGISSUE JAPAN公式ホームページ

http://www.bigissue.jp

 

私はこの雑誌が好きで、よく読んでいた。

というか、この雑誌を品川駅のマクドナルドの前で売っている「赤いおじさん」が好きで、よく読んでいた。

 

 大学生の頃、単位にならない品川キャンパスでの授業を横浜から通って受講していたのも、猪瀬先生と、かべ先生の授業が面白かったのもあるけれど、

「都内の大学生で在る自分がかっこいい」という気持ちと、この「赤いおじさん」に会いたいという気持ちの両方があったからだよなあ。と思い出した。

 この「赤いおじさん」は、お釣りがないからと言って、チロルチョコを買いに行く間に私にビッグイシューを売らせたり(私は1部も売れなかった)、

フィリピンのミンダナオ島帰りで、ぶつぶつの腕の私に怪しい薬を塗ってくれたり(更に悪化するんじゃないかと心配したけど、しなかった)、

遠距離恋愛は寂しいと愚痴る私に、「大丈夫、みずきちゃんは可愛いし、いい女」と言ってくれたり(うちの次に雑誌を買った、おばさんのことも可愛いと言っていた)いつも大変良くしてくれた。

 私が海外にいる間も、友達から「大学の近くで、ビッグイシュー買ったから、ついでにみずきのこと知ってるか聞いたら、知ってて、伝言預かったよ。元気ですか?今度英語教えてだって。いっぱい話したいと言っていたよ」と連絡が来たりした。大学を卒業してからも何度か品川駅に行ったけど、なかなか会えなかった。

 今日も早朝に岩手から品川に帰ってきて、眠い目をこすりながら、「ああ、品川駅かあ。」とあたりを見回すと、「赤いおじさん」の「赤」が目に入った。

 おじさんの元に、うきうきしながら歩いていった。

はじめ、話しかけても、2年ぶりに会うおじさんは私のことは覚えてなかった。けれど、おじさんの隣にあった、私にだいぶと前に塗ってくれた、例の怪しい薬を見つけて、「あ!この薬!」と言ったら、

 「あ!みずきちゃんか!!!!」と言ってくれた。おじさんが私の名前を呼んでくれた。個人的にはあんまり面白くなかった、「君の名は」の最後のシーンみたいだった。

 そこから、「綺麗になったなあー。痩せたね。大丈夫?」「会いたかったよー。」と沢山言ってくれて、「あの時、薬塗ったなあ」とか、「就職したのかー!みずきちゃんも大人になったなあ!」と、

信号が、赤から青、青から赤、

赤が青になるまでの間、話した。

とっても嬉しかった。

 私に会いたいって言ってくれる人が、
大都会、東京の駅前に毎日立って、
一生懸命生きていて、

私との再会を喜んでくれる。

大したことないかもしれないけれど、

その事実が、また会えたことが、

すごくすごく嬉しかった。

 それは、私にとっても「生きる希望」であるし、「私は生きる価値がある」と思わせてくれたような気がする。この世界には、好きな人が沢山いるから、私はその人たちと「再会」するために、また生きていこうと思う。これから出会うであろう人たちとも、何度も出会い続けようと思う。

 

生きるのが、私は嬉しいぞ。

おじさん、ありがとう!

 

f:id:mizuuk:20170307153640j:image

 

 

とりとめのないはなし

仕事終わりに、会社の近くにある
イオンのフードコートで水を飲む。

 

9時を過ぎると、ちょっと臭いおじさんとか
おばさんがワラワラ集まってくることに気づいた。1週間ぐらい観察してた。

 

そして今日遂に話しかけて、
仲間にいれてもらえた。
名古屋で友達でけた。

 

臭いおばさんは、もぐらさんという名前で、
占い師らしく。臭いおじさんが、「老体にに鞭打ってる天皇陛下が可哀想。天皇陛下の健康は大丈夫だろうか?」ともぐらさんに天皇陛下の健康を占ってもらっていた。

 

自分の心配ではなく、
天皇陛下を占ってもらうあたり、心広いな。  

 

なんかうちも色々占ってくれたけど、
うちは賢いらしい。
でも、若すぎて魅力に欠けるらしい。

臭いおじさん、長谷川さんと、もぐらさんという2人は高度経済成長の中で生きて来たんだけど、人との付き合い方が難しかったらしい。

もぐらさんは、針と糸を持っているおばさんで、長谷川さんの臭いズボンの裾を直していた。

 

もぐらさんも臭い。

 

いろんな人に怒られても、教えて貰ったと思わなきゃいけないらしい。あと、お金は若いうちから大切にしないといけないらしい。

天皇陛下は老体に鞭打って頑張ってるから、うちらも頑張らなきゃいけないらしい。   

 

お金大切にしてても、
人間、臭くなる時は臭くなるんだな。 

 

田中角栄の話と、パトロンのいる家のない人の話で盛り上がった。 

 

こんど、うちのスカートも、
もぐらさんに直していただこう。

 

2人は、明日は月末だから締め日だね。
忙しいね。って言いながら帰っていった。
締めなきゃいけないことあるんだろうか。

 

 

見てよかた映画その1 【ヒトラーのわすれもの】

2017年初映画は「ヒトラーの忘れもの」

名古屋に遊びに来た同期と映画を見た。

映画館は伏見ミリオン座にて。 

【伏見ミリオン座】

http://www.eigaya.com

 

【以下あらすじ】

ーーー第二次世界大戦後のデンマークで、ナチス・ドイツが埋めた地雷の数は200万個以上。そして除去作業にあてられたのは、大半が15歳から18歳のドイツ人少年兵だった。彼らが強制的に背負わされた母国の罪。デンマーク国内でも知られることのなかった残酷な史実を題材に、戦争の矛盾に満ちた現実を浮き彫りするーーー

 

f:id:mizuuk:20170129233223j:image

 

すごく胸が痛い映画だった。自分の国が埋めた地雷で仲間が吹き飛んで死んで行く。「ナチスの罪を忘れるな」とデンマーク人からは言われ、地雷撤去要員としか扱われない。デンマークの軍曹も、自分の息子ぐらいの少年兵に対して、気持ちが揺らいで葛藤する。ナチスの罪は絶対消えない。少年たちは元ドイツ軍。デンマークから見て憎いのは当たり前。

 

でも、映画見てて、ずっと、「10代のこの子達がなんで」「ドイツの行為も、地雷埋めたのも、いろんな決定を下したのも、この子らじゃないのに」「もしも少年兵とデンマークの軍曹が違う形で出会っていたら良かったのに」と思ってしまう。その時思い出したのは、大学の授業で聞いた、「戦争とは、個人を個人として、人格のある個人とは見れなくなること」っていう言葉。

 

全員が同じと見られる。一部が下した決定は、全員のものになる。その少年兵1人の人生に何があったとしても、どんな思いがあったとしても、考慮されないし、ナチスであり、ドイツ兵としか見られない。そんな悲しいことって、理不尽なことってないなと思う。少年兵1人1人にナチスの罪を償わせることはおかしいんじゃないか。ってデンマーク人軍曹も分かってる。でも責任の所在なんてどこにあるかわからない。戦争は誰も赦してくれない。

 

だから、やっぱり、国の代表を選ぶ時は慎重にならないといけないと思った。これは今の日本もそうだし、私が心に留めないといけないこと。

 

ずっしり、ずっしりくる映画だった。人と人との間でどうしても生まれるあたたかい気持ちと葛藤。でも全てを飲み込む理不尽さ。すごく見て良かった映画だった。

 

そして1人映画も良いけれど、

感想を言い合えるのはいいなあ。と思う。

 

http://hitler-wasuremono.jp

ちりんちりんと、紅葉と、宅急便のお兄さん。

最近心に残ったこと。

ちりんちりんと、紅葉と、宅配便のお兄さん。

ーーーーーーー

「ちりんちりん」
会社終わると、自転車で名古屋をさーっ!と
徘徊するんだけど、小さい道を止まってたら、
うちの後ろにいた自転車の人が、歩いてる人に
「ちりん、ちりん」って鳴らした。

名古屋で「ちりん、ちりん」を初めて聞いた。
歩いてた人は、うちの顔を「ぎょっ」と見た。
「ちりんちりん」を鳴らした人は、
涼しい顔で「さーっ」と通り過ぎた。

 ねえ、「ちりんちりん」鳴らしたの
うちじゃないよー!、、、。

と言いたかったけど言えなかった。

ーーーーーーー
「紅葉」

紅葉が綺麗だなあ。と運転しながら外を見た。
お客さんに「紅葉きれいですね」って言ったら
「下見て歩いてたからわかんなかったよ」
と言われた。だから「一緒に上見ましょ!」って言ったら、笑ってた。

大学生の時、大学いても、合宿行っても、デモ行っても、よくぼけぼけーっと葉っぱ見てた。

紅葉見るの好きだったのに、今年はちゃんと見てないな。ぼけぼけー。とする時間を取ろうと思った。だから、道に落ちてる葉っぱをゆっくりゆっくり色を見ながら拾った。

スーツで葉っぱを拾ってたら変な目で見られた。葉っぱを拾いながら、

「好きになった人と出会ったのは紅葉が綺麗な季節だったなあ。」と思ったら、

今も秋なのに秋がすっごく懐かしくなった。

ーーーーーーー
「宅急便のお兄さん」

会社には運送会社の人が出入りしていて、
夕方になると、荷物を取りに来てくれる。
荷物置き場にはメーカーさんから仕入れた品物や、沢山の封筒と荷物がある。

荷物置き場はうちのデスクの後ろ。

 お兄さんは毎日5時ぐらいに来るけど、
目の端に入るぐらいで、忙しかったり、
パソコン見てるから、

なんとなく「ありがとうございます」と言う。毎日そんな感じ。だけど、今回は違った。

お客さんに絶対に明日までに届けて欲しいと
言われていた小さい封筒があった。
それをうちはいつもの定位置に置いて置いた。
いつものようにお兄さんが来て荷物を運んだ。

適当に「ありがとうございます」と言った。

お兄さんが行った後、なんとなく荷物置き場を
見たら、小さい封筒があった。明日に出すと間に合わない大事な荷物をお兄さんが見落として帰っちゃった。

だから、うちが夜の予定を全部つぶして、近くの運送会社まで自分で運んだ。

 すっごくすっごくイライラした。
「は?なんで忘れんの?確認してよ。」
「最悪。予定あったのに。なんなん」
イライラしながら運転したから、危なかった。

 がしかし、イライラしながら、お兄さんの顔を
思い出そうとしたら、思い出せないことに気が付いた。毎日来てるのに。

ありがとうとは言っているのに。

 考えたら、顔を見ていない。目を見てない。「ありがとう」って気持ちがあれば、
お兄さんが封筒を忘れたことにその場で気付いたはず。「忘れてますよ」って言えたはず。

 毎日、毎日、お客さんにニコニコニコニコしてるくせに。目を見て、顔を見て、一生懸命お話してるのに。

 いつの間にか、うちは「人」を選んでたのじゃないか。自分に利益がありそうな人にしか、お礼も言ってなかったんじゃないか。

 というか、運送屋さんが運んでくれるから、製品は必要としてる人のもとに初めて届くのに。

本当に本当にやなやつだ。

こんなやつは、自分が一番嫌いだし、
そういう態度が今の状況を招いたんだと思った

明日から、ありがとうと言う時は、
本当に「ありがとう」を言おう。
口だけじゃなくて、態度で表そう。

 そう思って、最近は納品とか、運送屋さんが会社に来てくれたら、顔をあげて、目を見ることにした。

 「ありがとうございます」って言ったら、
「どうも!」って声が返ってきてたことに
初めて気が付いた。嬉しくなった。

 最近、自分のこと、ずっと嫌いだと思って
たけど、どこが嫌いだったのか、
自分はどうしたかったのかに気付いた。

 だから封筒忘れてくれて、ありがとう。と
ちょっと思った。荷物も間に合って良かった。

f:id:mizuuk:20161202014155j:imagef:id:mizuuk:20161202014153j:image

f:id:mizuuk:20161202014152j:imagef:id:mizuuk:20161202014150j:image

 

ちょっと寄り道。

出張の帰りに釜ヶ崎(西成)に寄ってきた。

 

動物園前の駅で降りて歩いてたら、
お酒が入ってる赤い顔したおじさんに、
「お姉ちゃん、めっちゃきれいやー」
と言われた。

 

酔っ払いの言葉をまともに受けたらあかん、
って言うけれど、きれいなんて、
久しく言われてないから、

それでも嬉しかった。

 

その5分後、きれいって言われたー!うれしい!って思いながら歩いてたら、前から来た、
顔が赤くないおじさんとぶつかりそうになる。

 

「だ!だ!」と怒られた。
やっぱり、ちょっとお酒が入ってないと、
私はかわいく見えないみたいだ。
(ふらふら歩いてごめんなさい)

 

ココルームで自転車を借りて、
暁光会(大学の時、住み込みで古紙分別をさせてもらっていたところ、ジブリに出てきそうなところ)まで自転車を漕ぐ。

 

ここは、商店街が長いから、それに、危ないとか関係なく、商店街は酔っ払いのじくざく運転と、歩く人が入り乱れているから、私も思いっきり自転車を漕ぐ。

 

この商店街で、自転車に乗ると、
すいすーいと、商店街を泳いでる気分になる。

 

スーツで、自転車を漕いで、すいすい泳ぐ。
途中でサドルが高くて、パンプスだと危ないなと思って止まったら、近くにいたおじさんが、錆びてなかなか動かないサドルを下げてくれた。

 

ありがとうを伝えて、夕方で飲み屋の提灯に光が付き始めた商店街をまた泳ぐ。

 

暁光会に着くと、だいちゃんがいる。
「あ!名前思い出せないけど、顔わかる!話していき!森下さんいるから」
って言われて、森下さんと、沢山沢山話す。
色々と話を聞いてもらった。

 

話せる人がいること、ここに行けば、あの人がいる。って場所があるのはいいことだなあ。と思う。いつか、私も定住して、そんな風に、「あそこに行けば、みずきがいる。行こう」ってなんとなく頭の片隅で思ってもらえる人になりたいな。

 

森下さんに、新しく出会った人達が発する言葉とか、物の見方になかなか慣れないこととか、取り繕う自分がいやなこととか、色々話した。

いろんな見方があるけど、1つじゃなくて、そこから広がる世界を沢山見れたらいいね、って。釜ヶ崎も1つのイメージからは想像出来ない世界が広がってるよね。って。どれかが間違ってる訳ではなくて、そこをいろんな方向から、深く見ようと、出来たらいいなって。色々と話の中で、見えたことがある。

 

色々と話を聞いてもらい、笑って、
また会いに行きます、と伝えて暁光会を出る。

暗くなった道を、ぱっと明るい商店街を泳ぐ。

空気がぬるくて、甘くて、とろっとしていて
気持ちいい。

 

横浜とか名古屋から、関西に戻ると、
「ああ、この空気やな」と思う。


関西に戻る気はないけれど、死にたいのは
ここかなあ、とふっと思う。

 

空気がちょっと出汁の匂いがする気がする。
また、今度いつ来るか分かんないから、
釜ヶ崎の空気を吸っておこうとおもって、
自転車で商店街をするする泳ぎながら、
息を大きく吸い込んだ。


うちの隣にいたのは、少し体が臭い人だった。

だからその人の匂いも沢山、沢山吸い込んだ。
うちの鼻の中にその人も一緒に入ってきた。
おおおおー、と思ったけど、もう遅い。

ちょっとというか、結構後悔したけど、
まあいいか。って感じで今から帰る。

 

いまは電車の中。臭い人はいない。
でも吸い込みたい空気はここにはないなあ。

 

f:id:mizuuk:20161006195833j:image

 

f:id:mizuuk:20161006195849j:image

 

f:id:mizuuk:20161006195819j:image

 

f:id:mizuuk:20161006195909j:image

 

 

お仏壇ストリートを歩く、

f:id:mizuuk:20160925182108j:image

 

The buddhist altar street.

日曜日のお昼過ぎ。
仏壇屋さんが30軒ぐらいある仏壇街道で
ふらふらふら。

 

仏様の顔は大らかで、お花の花びらの柔らかい曲線がすごく綺麗。ちょっとくすんだ金色も、触りたくなる。一生のうちに1回は自分の仏壇買いたいなあ。

 

ふらふら歩いてると、自分が無縁仏になって、自分の仏壇はなくて、住むところがなくて、この売り物の仏壇をヤドカリみたいにふわふわ勝手に住み着いてる姿が頭に浮かんでくる。怖い。

 

もし私が死んだら、ゲリラ的に大学とか道の真ん中とかに仏壇置いといてほしい。変なもの好きの、通りががりの人に気が向いた時だけ拝んでほしいなあ。迷惑だと思うけど、撤去されるまで置いといてほしいなあ〜。

トイレで涙ぽろぽろかっこわるい

f:id:mizuuk:20160923004409j:image

 

お部屋の中で好きなのは、トイレ。

がしかし、トイレに籠って、泣けてくる(´・_・`)

 

あの時は良かったなあーって思う毎日がいやで、そんな自分がいやで。部屋じゃなくて、小さいトイレだけ好きなもので埋めつくした。なんで大事な思い出をそんな風にしか捉えられないんだろう。小さいとこに閉じ込めちゃうんだろう。なりたい自分に遠ざかるばかり。自分が決めたことに一生懸命になれなくて恥ずかしい。夜になると、すっごくとりとめのないもやもやを誰かに話して考えることから逃げたくなる。でも、1人で考える時間が今は必要。トイレで思い出ぽろぽろ。涙ぽろぽろ。明日からまたがんばろ。